己を知り相手を知れば百戦危うからず

どうもオガサワラです。

最近の僕の目標はストリートファイター5でシルバーランクになることなのですが、あと一歩というところで伸び悩んでおります。

ところで、格闘ゲームで強くなるには、先ず自分に合うキャラクターをみつけることだと思うのですが、これは実社会でもいえることだと思うのです。というのも、実社会で自分の能力を発揮する為には先ず何を置いても自分を知ることです。例えば、自分が包丁なのか金槌なのか分からないまま野菜を切ろうしていたら、実は自分は金槌で叩き割る方が得意だった!なんて自分が野球の時はサウスポーだったことを忘れていた某野球漫画のキャラクター並みにリソースの無駄遣いです。ただ自分が金槌だと知っていたら幾らでもやりようはあるわけです。野菜を切るのは切るがの得意な包丁さんに頼んでもいいし、いっそ叩き割るのが得意ならその様に処理する許可を貰ってもいい
。とにかく包丁で野菜を切ろうとするのは馬鹿馬鹿しいと、そうならない為にも先ずは己のことを良く知ることが大事である、この点が格闘ゲームでメインキャラを決める過程と似ている、といえなくもない様な気がしてます。

さて、そんな自分探しをするお話し、山田孝之の東京都北区赤羽。
ご視聴下さい。

アマゾンプライム会員なら無料で観れますよー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA