aikoの花火をThe Dawnでカバーしました

どうもオガサワラです。

夏っぽい曲がやりたいねということでバンドで話し合いをしaikoの花火をやろうということになったのですが、いざ練習してみると…、まあ予想通りJ-POPってゲロ吐くほど難しいです。

しかも、花火だ花火だと思って練習してるのに、楽器を置いてイメージトレーニングをすると、どうしても同じくaikoのカブトムシが脳内再生されてしまうのにはほとほと参りました。どうやら僕は花火とカブトムシを細胞レベルで同じだと思っているようなのです。

花火は火だし、カブトムシは虫です。明確な違いがあります。火は触ることは出来ませんがカブトムシは小さい頃は喜んで触っていたのに成人してからは、なんとなく触るのが嫌です。
そうです。カブトムシを触るのがなんとなく嫌なのと火ではレベルが違います。
火を素肌で触れることが出来るのはインドの修行僧くらいではないでしょうか。そして僕は修行僧ではない。これまでもそしてたぶんこれからも。
そうなのです。だから僕にとって花火とカブトムシは同列に扱うことが出来ないものなのです。

聴いてくださいカブトムシではない花火↓↓

※アイキャッチ画像は「まるぼランドのフリー素材写真」さんよりDLさせて頂きました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA